【ジョジョ】ディアボロの魂の入れ替わりは誰としたの?ドッピオとの関係性も!

【ジョジョ】ディアボロの魂の入れ替わりは誰としたの?ドッピオとの関係性も!
 
 
ジョジョ第5部に登場するディアボロは、ギャング組織パッショーネのボスであり、主人公のジョルノジョバーナの最大の敵でもあります。

ディアボロのスタンドは、時を飛ばす能力と未来を予測できる能力なので、回避することがほぼ不可能という飛び抜けた存在です。
 
 
そんな無敵なディアボロもコロッセオで、魂が入れ替わってしまうという事態に陥りますが、何故そのようなことになってしまったのか、誰と入れ替わりをしたのか、ドッピオとの関係性も含めて紹介していきたいと思います。
 
 

【ジョジョ】ディアボロが魂の入れ替わりをすることになった経緯とは?

 
 
ディアボロが魂の入れ替わりをすることになったきっかけは、ポルナレフが発動したレクイエムの能力にあります。

レクイエムは、スタンド能力者がスタンドを生み出す矢に刺されることで起こる、進化したスタンドの力です。

どんなことが起こるのかは、ポルナレフ自身にも予測がつかないのですが、ディアボロに殺されると感じた瞬間に思わずこの力を使ってしまいました。
 
 
そしてレクイエムが発動すると、その場の全員が眠りにつき、側にいる人物と魂が入れ替わってしまいます。

これは、ジョルノたちだけではなく周辺の人間たちにも起こり、犬と人間が入れ替わったり、警官と犯人が入れ替わったり、母親と赤ちゃんが入れ替わりました。
 
 

【ジョジョ】ディアボロの魂の入れ替わりは誰としたのか?


 
 
目が覚めたジョルノたちは、すぐに自分の体が入れ替わっていることに気が付きませんでした。

そして、それぞれの反応を見ることで入れ替わっていることを理解して、ボスであるディアボロは誰と入れ替わったのか?ということを考えるのですが、そんな中でナランチャが殺されてしまいます。

誰とディアボロの魂が入れ替わったのかが分からないまま、それぞれが疑心暗鬼になって、仲間のことを信じられなくなり、どんどん緊迫した時間が流れます。
 
 
しかし、レクイエムを巡って動き出すことで徐々に明らかになり、遂に娘のトリッシュの魂と一緒にミスタの体に憑依していたことが分かるのです。

親子という関係性からも、魂の定着が容易だったことが考えられますが、誰も1つの肉体に2つの魂が入っているなど予測はできませんでした。
 
 

【ジョジョ】ディアボロとドッピオの関係性は?


 
 
ディアボロの魂の入れ替わりをすぐに見抜けなかったのには、ドッピオという存在があったからです。

ドッピオはディアボロのもう一つの人格で、ディボロとは似つかないほど弱虫で臆病な性格をしていますが、ドッピオのことをディアボロは、ずっと信頼して大事にしていました。

ずっと孤独を貫きとして生きてきたディアボロだからこそ、唯一の理解者としてドッピオという人格を生み出してしまったのかもしれません。
 
 
ドッピオがメインとなってディアボロの体の主導権を握ることもあるので、そこからも強い関係性があることが分かります。

2人は切っても切れない存在であるからこそ、魂が2つに分かれてしまい、アバッキオとドッピオの魂が入れ替わり、トリッシュの魂にディアボロが憑依したのです。

アバッキオと入れ替わったドッピオでしたが、アバッキオの体は死ぬ寸前の状態でもあったので、そのまま息を引き取ることになりました。
 
 

まとめ


 
 
ジョジョ第5部での最後の見せ場のひとつがディアボロの魂の入れ替わりです。

ポルナレフがレクイエムを発動してしまったことで起きるのですが、ジョルノたちはそれぞれの魂が入れ替わったことで混乱を招いてしまいました。
 
 
そして入れ替わりを探せなくなった原因は、ディアボロのもうひとつの人格のドッピオにもあります。

別人格のドッピオとの絆が強すぎたことで、ディアボロはふたつの肉体に魂を宿すことができ、トリッシュの肉体にディアボロの魂が入り込んでいたことを誰も予測できませんでした。

多重人格が偶然に引き起こした結果ですが、ディアボロにとってピンチから一転して幸運な出来事でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です