【ナルト】シカマルの父が死んだ理由は?強さや能力はどうだったの?

【ナルト】シカマルの父が死んだ理由は?強さや能力はどうだったの?
 
 
シカマルの父シカクはシカマルの頭脳に負けず劣らずIQ200以上の持ち主でもありますが、息子よりもシカクのの方が少し高めのIQだそうです。

彼の頭の良さは誰もが認めるものであり、シカマルも父には敵わない部分もあり、認めているところもあるのではないでしょうか?
 
 
シカマルの父シカクがなぜ死んだのかその理由や強さ能力も含めて解説していきます。

【ナルト】父シカクの強さや能力はシカマルの一歩上にある

シカクはそこまで登場していないものの、頭の良さと皆に認められているところから優れた忍者だと言えます。
 
 
ただ恐妻家でもある妻ヨシノには頭が上がらないようで、唯一勝てない相手ですが、シカマルにもなぜあんな母さんと結婚したんだと、そのことについて突っ込まれるところもあります。
 
 
シカクはあんな母ちゃんだけど優しく笑う時があると反論しているところは、やはり愛妻家での象徴とも言えますよね!

そんなシカクの強さや能力はどういったものなのでしょう?
 
 
彼は直接敵と戦うというよりは、その頭の良さを武器にあらゆる戦略を立てながら、仲間にどうやったら敵を追い込めるかということを仲間に伝える役割を果たしています。
 
 
また、シカマルと同じようにイノの父でもあるいのいちとチョウジの父チョウザとのスリーマンセル構成は、チームワーク最強と言っても過言ではありません。

能力は影縛りの術や影首縛りの術といった相手の行動を封じ込める術を主に使います。
 
 
シカクの強さは頭が強いだけでなく、相手の行動を読みとることもできるので、シカマルがアスマの殉職によって、

心ここにあらずだった頃に彼が息子を慰めなどせず将棋を指しているシーンは言葉で言い表せない父の威厳があります。
 
 
やはり父は偉大で大きな存在でもありますから、シカマルも父の強さを認めているのでしょう。
 
 
それにナルトのことをいち早く火影になる以前に木の葉の里になくてはならない存在でもあり、やがて大きく成長していくだろうと高く評価している場面もあるので、シカマルよりも一歩上であることがわかります。
 
 
彼は未来予想もできる能力を持っていたのですね。

【ナルト】シカマルの父シカクの死んだ理由

シカマルの父シカクはいつ死んだのでしょう?

またその理由はどういったものでしょうか?
 
 
そこまで存在感を表に出していなかったものの、木の葉の里にとってなくてはならない存在で優秀な忍者でもあり、

誰もが認める忍びだった彼は第四次忍会大戦で忍連合に就任し、指揮をとっています。
 
 
 
彼の功績は認められその判断力と分析力で、ナルト達に敵を倒す方法などを伝達。

敵の離れた場所の本部からシカマル達へ最後の打開策を伝達しますが、マダラとオビトが操る十尾の尾獣玉が連合本部に向けられ戦死しています。
 
 
尾獣玉が届く間に父シカクがシカマルに最後の言葉を託していますが、面白いところはこんな時でも物置の左側の木箱の中のものが、見つかってはまずいからシカマルに処分してくれるよう懇願していた場面が今その話する?

っていう心境ではありますが、シカクにとっては自分の死よりも大事なことだったのでしょう。
 
 
 
シカマルはシカマルで今は目の前の敵から背けてはいけないことを身に感じているのでさすが、できる男で頭脳明晰なところはやはり、父シカクの遺伝を引き継いでいるわけですね。
 
 
どんな理由であれ、今犯されている状況は自分の死にも直面している時ですから、一切自分の感情を取り乱しては敵に隙を見られ殺されかねませんし、シカマルはもう自分の立場が必要不可欠なんだということを感じているようにも見えますね。
 
 
シカクはシカマルにとって背中を追う存在で父の威厳に身にしみたのでしょうし、最後まで戦い抜いたナルトをみてシカマルはこの時初めてナルトには自分がいなくてはならない存在だと自覚を持ったのでしょう。

たとえ大事な人が死んだとしても、その意思を継ぐ限り里は無くならないし、ずっと彼の父は死んでもなお、お前達の中で生きていると伝えてくれています。

まとめ

シカマルの父シカクはシカマルを上回る能力を持っており、強く威厳のある人物です。
 
 
強さはシカマル以上のIQの持ち主で 敵の攻撃や過去の出来事から答えを導き出し戦略を立て仲間に伝達できるほどであり、

木の葉の里から評価の高い持ち主であると同時に 火影にも匹敵するほどの強さです。
 
 
彼は影縛りや影首縛りの術を使うことで、相手の動きを封じることが可能です。

シカクが死んだ理由は第四次忍界大戦時に連合本部の指揮をとっているのですが、マダラとオビトが操る尾獣が放った尾獣玉により戦死しています。
 
 
彼は最後まで諦めず、敵を倒す戦略を考え、その伝達をシカマルに託し最後の父の言葉を伝えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です