【ジョジョ第5部】ラストバトル(最後)の結末とは?生き残りは誰?

【ジョジョ第5部】ラストバトル(最後)の結末とは?生き残りは誰?
 
 
ジョジョの奇妙な冒険第5部は死亡者がとても多いシリーズです。

ギャング同士の戦いであったり、スタンドが攻撃型が多いと言うのも大きな要因だったと思いますが、敵味方かなりの人数が亡くなっています。
 
 
今回はジョジョの奇妙な冒険第5部においてラストバトルの結末と最後の生き残りは誰なのかを紹介したいと思います。
 
 

【ジョジョ第5部】ラストバトルの結末は?


 
 
ジョジョの奇妙な冒険第5部のラストバトルは、第5部最後の話である外伝的な「眠れる奴隷」を除くと、ジョルノとディアボロの直接対決がラストバトルです。

ジョルノは矢の力でゴールドエクスペリエンスはゴールドエクスペリエンスレクイエムに覚醒しており、ディアボロの時を飛ばす能力にも完勝と言う結末でした。
 
 
その際レクイエムの「動作や意思をゼロに戻す」と言う能力で、ディアボロを永遠に死に続けると言う果てしなく続く拷問のような状態に…。

その後、トリッシュはディアボロが死んでいないと言う感覚を持ちましたが、ジョルノはもう死と同じ状態で再起不能であることを理解しています。
 
 
作中最強と言われているゴールドエクスペリエンスレクイエムに勝てるスタンドは、はたしてあるのでしょうか?

また、死に続ける状態自体がふつう考えられないのですが、後のシリーズで出てくるパラレルワールドの存在を、ここで表しているのかもしれません。
 
 

【ジョジョ第5部】ラストバトルの生き残りは誰?


 
 
ラストバトルで仲間での生き残りは、ジョルノ・ミスタ・トリッシュです。

幽霊や動物でも良いなら、カメとポルナレフも含まれます。
 
 
また、ディアボロも死に到達していないと言う意味では生き残りと言えなくは有りませんが、永遠に死に続けているのでは実質的には死んでいると同じでしょう。

フーゴも離脱しているとはいえ、アニメでは明確に生きている描写がされており、シリーズを生き残りの仲間であると言う意味では含まれるのかもしれません。
 
 

【ジョジョ第5部】最後の結末はどうなるの?


 
 
第5部の最後はジョルノが沢山の人から訪問を受けて、カメ(ポルナレフ)とミスタが付き添っている状態で第5部が終わる結末です。

明確な描写はされていませんが、位置的にはジョルノが新しい組織のボスに。

ミスタとポルナレフが組織の幹部になったと考えてよいと思います。
 
 
またその後日談のような形で、フーゴの主人公の小説である「恥知らずのパープルヘイズ」と言う作品が有ります。

作者は違うものの、原作の世界観を損なわずに本編の内容が補完されている部分も有ります。
 
 
原作者荒木先生の公認の作品なので、ある意味最後の結末であると言えるかもしれません。
 
 

【ジョジョ第5部】シリーズでの主要人物での生き残りは誰?


 
 
ジョジョ第5部は敵味方含めて主要人物の生き残りが少ないです。

とりあえず、仲間はジョルノ、ミスタ、トリッシュ、フーゴで有るのに対し、敵はほぼ死亡。

敵においてはポルポの遺産争奪戦で登場したズッケロとサーレー(どちらも恥知らずで死亡)が生きていると思われる程度で他は全て死亡しています。
 
 
ちなみに先ほど言った通り、ディアボロは生死不明…。

本当に血塗られたシリーズです。
 
 

まとめ


 
 
今回は、ラストバトルの結末と生き残りは誰か?について紹介しました。
 
ラストバトルであるジョルノとディアボロの戦いはある意味あっけなく終わってしまい、最強と言われているゴールドエクスペリエンスレクイエムの凄まじさを物語る話となりました。
 
 
またジョジョの第5部はほとんどの主要人物が死亡しており、血塗られたシリーズだと言えるでしょう。

第3、4部は再起不能程度で終わっている敵が多かったので、その分差は多きかったと思います。
 
 
ただ、仲間は死んでも残された人に希望を残し、敵も最後に見せ場を作った敵も多かったです。

ここもジョジョの良さを表していると思います。
 
 
死んでしまう人間は多かったですが、様々な感動を残したジョジョ第5部。

ぜひ皆に見てもらいたい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です