【ジョジョ立ち】ポーズ集一覧!元ネタや意味とは?

【ジョジョ立ち】ポーズ集一覧!元ネタや意味とは?
 
 
ジョジョファンでもそうでもない人も知るほど有名なジョジョ立ち。
 
 
そんなジョジョ立ちとはどういったポーズなのでしょうか。

そんなジョジョ立ちのポーズ集一覧、元ネタや意味とは何なのでしょうか?
 
 
ジョジョの奇妙な冒険の作中のキャラクターのジョジョ立ちポーズを紹介していきたいと思います。

元ネタとなった写真なども後ほどご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。
 
 

【ジョジョ立ち】有名キャラクターポーズ集!


 
 
まずはお馴染みの空条承太郎。

承太郎は第3部スターダストクルセイダースに登場する17歳のスタンド使いであり、ジョセフ・ジョースターの孫にあたる。

「やれやれだぜ」が口癖で、右手でビシーッと相手を指差すポージングが承太郎のメインのジョジョ立ちといえるでしょう。
 
 


 
 
ジョナサン・ジョースターは第1部のメインキャラクター。

ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!の熱い台詞でお馴染みのキャラクターです。
 
 
鍛えられた肉体に勇気と優しさを秘めた、主人公らしい主人公といえる。

彼のジョジョ立ちは少し内股にした足に迫力のある手の開き具合は印象強く、よく真似をされています。
 
 


 
 
第6部「ストーンオーシャン」の主役の空条徐倫は、空条承太郎の娘であり初の女性主人公。

かっこよさと女性のしなやかさを兼ね備えた彼女は魅力的で、モデルで女優の内田理央さんも徐倫のジョジョ立ちを真似するなど、魅力的な彼女のポージングは女性がしてみたくなるジョジョ立ちが多数あるのでしょうね。
 
 


 
 
第3部「スターダストクルセイダース」に登場するジャン=ピエール・ポルナレフはフランス人の青年である。

登場時は気品高いキャラクターであったが、コメディキャラクターとして定着していきました。

彼のジョジョ立ちはその気品高さから指をきちんと揃えたスタイリッシュな立ち姿となっている。
 
 

【ジョジョ立ち】ジョジョ立ちの元ネタは?


 
 
こちらは第7部スティール・ボール・ランの扉絵です。

元ネタはV MAGAZINEの表紙が元ネタです。

実際のモデルのポージングをキャラクターにポーズさせています。
 
 


 
 
また、こちらは第4部の東方仗助。

こちらのジョジョ立ちの元ネタはファッションアパレルのヴェルサーチの「men without ties
からポージングを引用しています。
 
 
ファッション誌からポージングを引用してくるのはジョジョでは定番のようです。

また、荒木先生はヴェルサーチが好きなようで、よくポージングを引用しているそうです。
 
 


 
 
こちらは第5部のジョルノ・ジョヴァーナはまたまたヴェルサーチを装ったモデルのポージングからジョジョ立ちを引用しています。

引用の雑誌は「GIANNI VERSACH COLLEZIONE DONNA AUTUNNO INVERINO 1995-96」です。
 
 


 
 
こちらはスティール・ボール・ランのジャイロ・ツェペリです。

このジョジョ立ちも雑誌のモデルが元ネタです。

「Giureppe Zanotti Design 2009」から引用していますね。
 
 


 
 
こちらのDIOのジョジョ立ちポージングは有名ですね。

DIOは女の色気のようなものを兼ね備えたハンサムな人物ですが、こちらはアメリカのトニーヴィラモンテスのファッションデザイン画から引用しています。

妖艶なイメージはファッション誌などから引用しているからでしょうか。
 
 


 
 
こちらはジョジョリオンの定助です。

こちらのジョジョ立ちは歌手のフレディ・マーキュリーから引用していることがわかります。

荒木先生はクイーンもお好きなんでしょうかね。
 
 

【ジョジョ立ち】ジョジョ立ちの意味は?


 
 
ジョジョの奇妙な冒険でお馴染みのジョジョ立ちですが、ジョジョ立ちとは腰の捻りが激しいものや、関節を極限まで曲げたようなポーズをしているものです。
 
 
また、印象に残りやすく写真撮影やイラストなどで引用して使用されることが多々あります。

また、原作には実際には無くとも、それっぽいものも巷ではジョジョ立ちと認識されているよう。
 
 
作者である荒木先生は当時の連載作に負けない個性を求めて、イタリアの彫刻芸術の要素を作品に取り込んだとインタビューで語っていたことがあり、それが現在のジョジョ立ちに繋がって行っているようですね。
 
 

【ジョジョ立ち】まとめ


 
 
いかがでしたでしょうか。

主に有名なジョジョ立ちのポーズ集を紹介してきました。
 
 
元ネタや意味は大変芸術的であり、ジョジョ立ちには個性があます。

荒木先生の追求心がとてもよく分かりますね。
 
 
皆さんも一度真似をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です