【ナルト】リンが好きな人はカカシ? オビト?大人姿も可愛い?

【ナルト】リンが好きな人はカカシ?オビト?大人姿も可愛い?
 
 
ナルトの父でもあるミナト班にはカカシ、オビト、リンとのスリーマンセルでチームに組まれており、仲間内でオボととカカシはいつも喧嘩ばかり繰り返していました。

そんな姿をいつもそばで見ていたのリンはまるで二人の保護者のように接しているため、実際に好きだったのはどちらかが気になるところです。
 
 
リンの好きな人も気になるところですが、もしリンが大人になっていたら、どのような成長をしていたでしょうか。

子供姿のリンも愛らしいのですがきっと大人姿も可愛い成長を遂げていたに違いありません。

リンが好きだったのはカカシでありオビトへは無条件の愛

ナルトの世界ではあまりリンのことについては語られておらず、既に故人になっているので、詳細に関しては不明で謎な少女ですよね。

カカシの幼少時代のシーンで少しづつ明らかにされていくリンは少し落ち着いていて、いつもオビトをそばで見守っている様子が見受けられます。
 
 
オビトやカカシに対しリンは少しお姉さん的な存在であり、明るく素直で優しいところは読者の方からも好感度抜群です。

いつもオビトに優しいリンではありますが、実際に異性としてリンが好きだったのはカカシで、オビトは放っておけない仲間で過保護のようにも思えるのです。
 
 
 
きっとリンは愛ある人だったので、無条件でオビトを愛していたに違いないのかと思っています。
 
 
リンは何かしらのタイミングでカカシに思いを告げたいと願っていたけど、

それはもう叶わぬ夢でこれほど儚い人生は他にはないですから、忘れようにも忘れられない強い存在になっているのことが明確になっています。

オビトはリンが好きでリンはカカシが好きで一方通行の恋

真っ直ぐで自分の忍道を曲げないところやいつか火影になることを夢見ていた頃のオビトはナルトの面影を見るようで、

カカシはナルトとは運命のような出会いだったんだと感じるシーンもあります。
 
 
オビト自身寂しがり屋のところもあるし、そんなオビトにリンは放っておけず、いつも見てるよと声をかけていて、

そんな事を言われたオビトでなくても誰だってリンのことを好きになると思います。
 
 
 
オビトが惹かれるのも分かりますよね。

リンはリンで強くてしっかりした頼れるカカシをちゃんと異性としてみている姿は恋をしているんだな、と感じるところもあり、女性の象徴を物語っています。
 
 
女性は守らなくてはいけない生き物だから母性もあり、女神のように見えるかもしれないけれど、実際に恋をする相手となれば、

やはり頼れる男気のある人に惹かれるのはアニメの世界だけではないことをここで描かれているのは作者は女性の心理をよく知っているな、と思います。
 
 
 
だけども実際に女性が好きになる相手よりも自分を愛してくれる男性を最終的には選んでるので、

リンとオビトが生きていて大人になっていたら、二人が結ばれるんだろうと妄想していますね。
 
 
カカシはカカシで自由人だしリンの良さも知っていますが、リンに好意を寄せているようにも思えません。
 
 
オビトはリンが好きでリンはカカシが好きで、一方通行なのは恋愛においてあるあるなのかもしれないし、

ナルト達だってナルトがサクラを好きでサクラがサスケを好きなように同じような恋愛は時代は違えどあるものです。
 
 
切ないですが、これが恋愛の面白いところであって、あまり恋愛を全面に出していないのも作者の意図なのでしょう。

もしもリンが大人姿になっていたら聖母のような可愛さ?

リンは自己犠牲により、カカシの術により自ら自害しているという幼くも悲しい人生を遂げているようです。
 
 
11歳という若さでこの世を去っていますが、もしもリンが死なずして大人となりそしてオビトも真っ当に生きて大人になっていれば、

きっとこの二人が結ばれていたんだろうと思います。
 
 
彼女は確かにカカシが好きでしたが、上手くいく相手はオビトのような優しさの溢れる人だと思います。
 
 
 
少女時代はとても可愛らしく愛されキャラでしたが、大人になっていれば彼女はその美貌で世の男達に目を触れることになるでしょうし、

聖母のように優しく可愛さがあればもう何も恐れることはない無敵な状態ですね。
 
 
一度でいいから大人姿のリンの可愛く大人の女性姿というものも、見てみたいものです。

まとめ

リンの好きな人はカカシであり、オビトは仲間思いで、そんな優しい面を知っているリンは彼をそばで見守っている天使のような存在です。

リンも仲間を一番に大事にしているところがあり、オビトを見ていると共通点があって、優しくしたかったんだと思っています。
 
 
カカシのような頼れて優秀な部分は自分にないものを持っていたためリンはカカシを好きになったんですね。

大人姿の可愛い姿も容易に想像できますが、いつか機会があれば番外編や違う短編としても登場してほしいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です