ナルトやサスケが結婚したときの年齢や式の様子は何話?

ナルトやサスケが結婚したときの年齢や式の様子は何話?
 
 
意外と早かったナルトの結婚した年齢。

ナルトが少年から大人になるストーリーの中であまり多く語られていない恋愛ですが、第四次忍界大戦でナルトが誰もが認める英雄となりその後、

日向との結婚した式の様子が描かれています。
 
 
では実際にナルトやサスケの結婚した時の年齢や描かれているのは何話なのか?

その様子なども含めて調べてみました。

ナルトとサスケの結婚した様子が描かれているのは何話なの?

ナルトについての結婚までの様子は494話~499話目となり、その間ナルトの同期メンバーや木の葉丸がお祝いコメントムービーを撮っているシーン。

また6代目火影であるカカシが何やら企んでいるシーンも。
 
 
カカシとしては全員メンバー揃っての結婚式に出席させたところですが、

全員出席してしまうと木の葉の里の護衛が守られず襲われる可能性もあることを懸念した末、

結婚式の参列者を決めるのに祝いの品の査定でその優劣の評価で結婚式の参列者と当直任務の担当者を決めることにしていました。
 
 
 
仲間達がそれぞれナルトと日向に何を贈ろうか悩んでいるところや恋愛模様もここでやっと描かれていることで幸せが訪れているんだと象徴されています。

結婚式は何話なのかについては500話目の最後の最後にしか描かれていませんでした。
 
 
この500話目でナルトがイルカ先生に自分の父親として出席してもらえないか頼んでいるところは、

やはり師弟愛だけの関係ではない特別な思いをこのシーンで受け取ることができますよね!
 
 
 
一方サスケの結婚式について調べたところ、アニメでも漫画でもその様子が描かれている描写がなかったようようです。

サスケの結婚式というのもなんだかイメージがつきにくく、サスケの性格上、特に興味がないようにも思いますよね。
 
 
だけどサクラはずっと諦めず思い続けていたサスケとの結婚式を本当は挙げたかったんだろうし、

少し寂しい思いもしているところもあり、ずっとサクラがサスケに片思いをしているよう気もしてしまいます。

ナルトやサスケが結婚した年齢は?

結婚した時のナルトやサスケの年齢はやはり気になるとことですよね。

少年期から遡ってみましょう。
 
 
 
ナルトはアカデミーを卒業時は12歳になっており、少年編は13歳の時に終了しています。

自来也の弟子として修行をしてその後3年が経ったナルトが木の葉に戻ってくるところから第二部が始まります。
 
 
この時の年齢がナルトは16歳であり、同時にサスケとサクラも同じ年齢なので16歳です。

そして時代は変化しながらサスケがナルト達の元を去り、裏切り者となってしまいます。
 
 
 
ナルトやサクラは彼のことをずっと諦めず、木の葉に連れ帰ることを夢に見てたくさんの仲間に出会い、

絆を深めていく様子や力をつけて強くなっていく様子を見て、主人公ナルトと一緒に成長しているようなそんな感覚がありました。
 
 
第四次忍界大戦が始まり、その時ナルトは17歳となり、サスケとの和解もできお互いに必要な存在で認め合えたからこそ協力して勝利へと導くことができました。
 
 
 
劇場版THE LASTではその2年後の19歳に。
 
 
 
ここで初めて日向の想いがナルトに届くようなシーンや愛のある姿があってナルトもヒナタに次第に惹かれていく様子です。

ナルトはずっとサクラに気持ちがありましたが、ナルトの性格では人の気持ちを優先させる雰囲気も含まれているので、

ナルトはサクラの気持ちを優先し、また日向の気持ちをまっすぐに受け止めることができたのは、

ナルトが少年期からまっすぐな心を忘れていなかったからなのではないでしょうか?
 
 
ナルトがヒナタに惹かれるのも無理はないでしょう。

ナルトの式の様子は?その時サスケはどうしてる?

最初に説明している500話目で結婚式が描かれているとお話ししました。
 
 
式の様子については494話目から繋いでいる様子が描かれていてそれは、

ナルトヒナタだけの恋愛だけでなく、シカマルとテマリ、サイとイノの恋愛模様も続いて結婚を匂わせるような描写が見られます。
 
 
テンテンについては何もなく彼女は同期メンバーよりも一つ上のお姉さんだし、何よりも結婚願望が強いようにも思いますが、仕事を選んでのこと。

結婚が全てではないとも思わせてくれているとこともこの漫画らしいなと思っています。
 
 
式には同期メンバー、他の影達やイルカ先生、カカシ、一楽のラーメン店主とその娘が参列している模様。

式に出られるか不安だったけど、同期メンバー全員揃って参列できて本当によかったですね。
 
 
 
彼らが居たからこそナルトは成長できたのだろうしこのメンバーがいない式なんて考えられませんよね。

それほど重要な人物達です。
 
 
ただサスケに関してはこの式には参列しておらず、サクラに手紙を送っている様子がありサスケの帰りを待っていることから、

この二人の関係もいずれ成就することを表しています。
 
 
今でいう遠距離恋愛でなかなか繋がりにくい関係だと、すぐに終わってしまうと思うのですが、この二人ならきっとどんなことも乗り越えてくれるでしょう。

最後にはヒナタとナルト二人で並んで窓から外の様子を伺っているとこがあり、いよいよこの日が来たんだなと感慨深いものを感じるシーンではあります。
 
 
 
日向家の者もここで登場し、ハナビが言うように、本当にヒナタの姿が綺麗です。

白無垢に包まれ髪はポニーテールで花の髪飾りをつけて肌も白く透明でいます。
 
 
ネジの遺影をハナビが持っていてそれを見たヒナタは、ネジに対して結婚の報告をしている様子もありました。

ヒナタからナルトの手を握り、それに合わせてナルトもヒナタの手をギュとするシーンはすごくいいですよね。

まとめ

ナルトの結婚した年齢を調べるとすごく早いようにも思いますが、その前の出来事がそれを思わせないくらいの精神年齢が大人になっていて、

成熟したナルトやサスケの様子は、その実際の年齢を上回っているようにも思いますね。
 
 
式の様子はそこまで深く描かれていなかったものの、その美しさが何よりも全てを語っているしこの作品の良さが滲み出ています。

個人的にはサスケの結婚式をいうのも見てみたい気もしますが、サスケはあまり人付き合いを重要としていないのでそっとしておくことにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です