【ジョジョ】メローネの強さやスタンド能力は?最後はどうなった?

【ジョジョ】メローネの強さやスタンド能力は?最後はどうなった?
 
 
メローネはジョジョの奇妙な冒険第五部の登場人物です。

ブチャラティチームと対立して、ボスの娘を奪おうとした暗殺チームの一員でした。

暗殺チームの第5の刺客で、ブチャラティの血液から位置を探知し本人の遠隔操作型スタンドでジョルノを後一歩のところまで追いつめます。
 
 
今回はそのメローネがどんな人物だったかとそのスタンド能力や強さ、メローネの最後まで紹介したいと思います。
 
 

【ジョジョ】メローネとはどんな人物?


 
 
メローネは第五部主人王のジョルノと同じイタリアのギャング集団であるパッショーネの一員でした。

しかし、暗殺チームがボスを裏切った時に一緒に離反。

ボスの娘を、護衛するブチャラティチームと対立したのです。
 
 
本人の風貌は、長髪に片目のみ出したアイマスクの様な物を着用。

更に露出度の高い服装に手袋とちょっと変わった風貌でした。

また女性を見ると品定めするように舌なめずりしたりする、ジョジョ上でかなり上位の変態と言われています。

普通の格好をすると好青年にも見えそうなので、かなりもったいないキャラでした。
 
 
本人はブチャラティの血液をペッシとの戦いの後から採取。

それにより位置を特定し、更にメローネの自動遠隔操作のスタンド能力で追跡していきました。
 
 

【ジョジョ】メローネはどんなスタンド能力?


 
 
メローネのスタンド能力は「ベイビィフェイス」と言います。

パソコンの様な形に手足が生えたスタンド。

女性に自動遠隔操作型の子供スタンドを産ませ、それを操る事が出来ます。

生まれたスタンドは自動遠隔操作型ですが、生まれるまでに学習させることである程度操作可能。

意思を持ち、自分で考えて行動していきます。
 
 
また遠隔操作スタンドも能力を持ち、「生命を物質に変える」事が出来ます。

丁度ジョルノと対照の能力で、ブチャラティやトリッシュを家具に変えたり、ジョルノの喉を物質に変えて窒息させようとしたりしました。
 
 

【ジョジョ】メローネのスタンド能力の強さは?


 
 
メローネのスタンド能力は、上手く使えば強力な強さを持つスタンドです。

遠隔操作された子供スタンドはやられても何度も作って行けること。

また、対象の血液があれば位置を特定できます。

もし対象の血液があるのなら、ほぼ無敵の強さに見える能力です。
 
 
ただし、遠隔操作型のスタンドを一体作るごとに、女性を一人の体を使うため(実質的殺害)普通の神経では扱えないと思います。

スタンドは本人の性格が反映されるとの事で、ここにもメローネの歪んだ性癖があると思われました。
 
 
とはいえ、もし対象の血液があるのなら24時間暗殺出来ると考えると、かなりやばい強さを持つスタンド能力です。
 
 

【ジョジョ】メローネの最後は?


 
 
メローネは遠隔操作スタンドがジョルノにやられた後に、その残骸を利用したジョルノのスタンド能力でやられてしまいました。

ジョルノは残骸から蛇を作り、作った物は本人の元に戻る習性を利用。

その蛇により舌を噛まれてしまった最後は、メローネの使った遠隔操作型のスタンドに良く似ていて、自分の行った事に対する因果応報のようにも見えました。
 
 
ジョルノのスタンド能力の万能さを非常に感じた一件でしたが、己自身は戦わず本体自体は弱いというメローネの弱点を突かれた最後でした。
 
 

まとめ


 
 
メローネは非常にユニークな能力を持つスタンドでした。

本体自身は弱いも、相手の血液を採取できれば非常に強力な強さを持つスタンド。

もしボスの血液を採取で来ていたら、暗殺も可能だったのではないでしょうか?
 
 
最後はあっけなくやられてしまいましたが、恐らく何人もの女性を実質的に殺害してきたことによる報いにも感じました。

変態であるも、ユニークな能力によってジョルノを苦しめたメローネ。

ジョルノの噛ませ犬的で変態の印象を残し、みんなに語り継がれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です