【ナルト】シノは強い?実際の実力や能力とは?

【ナルト】シノは強い?実際の実力や能力とは?
 
 
ナルトの同期の中でも一際特殊な立ち位置におり、その独特の口調と蟲遣いという不思議な能力を持つ油目シノ。

その強さはナルトが完結してなお、未知数の部分が大きく、少なくとも弱くはない、普通に強い、実はめちゃくちゃ強いと人によって大きく評価が変わる不思議なキャラクターです。
 
 
そこで、今回はこのシノの強さについて、実際の実力や能力などを検証し、どの程度強いのかまとめていきたいと思います。
 
 

【ナルト】シノの能力とは?


 
 
ナルトの同期には巨大化できるチョウジや柔拳で内蔵を攻撃できるヒナタ、万能の目、写輪眼を持つサスケをはじめ、多くの特殊な忍術を扱うキャラクターが多数います。
 
 
しかし、シノはその中でも一際異彩を放っており、体内で蟲を飼い、自身のチャクラを食べさせながら共生しているという、マーベルヒーロー、アントマンもビックリな生活を送っています。
 
 
そのシノの能力は基本的に蟲を使った忍術や、無臭の蟲を放ち追跡、や毒蟲をその場で培養し、攻撃など、全て蟲を使った戦闘方法となりますが、その汎用性は幅広く、偵察、奇襲、情報収集に決戦、大軍攻撃などその場で使用する蟲を変え、培養する事で戦局に応じた戦闘が可能です。
 
 
つまり、シノの能力は蟲を集め、育て、扱うだけですが、同時に他の術を必要としない程圧倒的な汎用性を持つ、まさに一点のみを極めた結果、万能になった忍者なのです。
 
 

【ナルト】シノの実力とは?


 
 
実はシノの戦闘シーンはあまり多くありません。
 
 
中忍試験編での音忍、ザク。

木ノ葉崩しでの砂忍、カンクロウ。

アニメオリジナルですが、ダンゾウの側近で穢土転生したトルネ。
 
 
この全てに勝利しており、しかも特別大きなダメージも受けず、完勝しております。
 
 
また、その戦闘は相手を冷静に分析し、敵の盲点をついた攻撃から相手を打ち崩し勝利するという頭脳戦を得意としており、その独特の語り口調から心理戦などにも長けています。
 
 
その戦闘スタイルからシノの戦い方には安定感があり、ネットユーザーなどからシノが戦わない、活躍しないのはシノが強すぎてシノを戦わせると他が霞むからなどと言われ、実際ナルト達同期が大勢でたった音忍三人を相手に苦戦したのに対し、

シノは負傷していたとはいえ、音忍三人で最も攻撃力のあるザクをあっさり降したり、サスケ奪還編であえて一人だけ同期の中で参戦しなかったりと根拠になりえる証拠が多数ある為、シノの実力は少年期の頃から安定して高い位置にいた事は間違いありません。
 
 

【ナルト】シノは本当に強いのか?


 
 
シノの強さに疑問を持つ人も多いようですが、先程紹介したザクは負傷して動けないサスケ、ナルトを護る為、サクラ、いの、シカマル、チョウジ、リーが戦い、呪印で覚醒したサスケやリーの安否を心配したネジ、テンテンの参戦などによってやっと立ち去った程の強敵です。
 
 
また、カンクロウもシノに敗北後、サスケ奪還編で圧倒的強さを見せた音忍、左近、右近相手にあっさりと勝利するなど、下忍の中でもトップクラスの実力者である事は間違いありません。
 
 
さらに、青年期以降でも多くの忍連合の忍を苦しめたトネリを倒し、十尾の分身体相手に巨大な蟲を操り倒すなど他の忍では手も足も出ない戦局に大きく貢献しており、その実力はマダラやナルト、サスケなどに比べると流石に見劣りしてしまいますが、間違いなく一流の忍であり、その強さも上位に入ります。
 
 

まとめ


 
 
蟲という特殊な戦闘方法を確立したシノですが、その実力や能力は間違いなく一流であり、一流であるが為に活躍の機会を削られ、出番が減ってしまった悲しいキャラクターです。
 
 
また、マダラ、サスケ、ナルトをはじめ、バランスブレイカーとも呼ばれる超人達を抜けば間違いなくトップクラスの戦闘力を有しており、現在ボルトでもボルト達を教える教師として活躍している為、今後、ボルトのピンチに蟲を使って颯爽と救うシーンなど、ボルトでもシノの戦闘が見られる日も近いと思いますので、今後注目すべきキャラクターの一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です