【ナルト】クシナの強さや能力、ミナ トとの馴れ初め、登場回まとめ!

【ナルト】クシナの強さや能力、ミナトとの馴れ初め、登場回まとめ!
 
 
ナルトの母でもあり、ミナトの奥さんでもあるクシナですが、くノ一でもある彼女の強さや能力とは一体どんなものだったのでしょうか?

ミナトとの馴れ初め秘話はナルト作品でも美しい話となっております。
 
 
ナルトが誕生した時には既に故人となっているため、あまり登場しませんが、登場回についての内容もまとめてみてみましょう。

【ナルト】くノ一の中でも強かったクシナの能力とは?

クシナは木の葉隠れの里のくノ一でもありますが、元々の生まれは木の葉ではなく、渦の国の渦潮暮れの里出身です。
 
 
何故木の葉にやってきたのかというと、クシナは幼少期に初代火影の妻で九尾の人柱力だったミトの後任としてクシナが選ばれることになり、その強さは九尾を抱え込む強いチャクラの持ち主だった理由からだったようですね。
 
 
それほど強いチャクラの持ち主ですから、能力もどれほどのものなのか気になるところです。

クシナの能力についてなのですが、、イメージでいうとサクラのような強気で活発な女の子で男勝りなところがあります。
 
 
性格的な部分でも強さを感じるのですが、実力はうずまき一族の元々持っている生命力にも関係しているようです。
 
 
普通の人間に比べてチャクラ量が多くあり、一族特有の封印術もあるみたいで、ミナトがナルトに対して九尾を封印する際に使った屍鬼封尽や八卦封印の術も実はクシナから教わった術であることが明らかになっています。
 
 
それほどの実力者であるため、幼少期は随分、男の子たちにいじめられたみたいですが、ある事件をきっかけにミナトとの関係性が大きく変わっていきます。

【ナルト】クシナとミナトの出会った馴れ初め

クシナは長い髪の赤髪であったため、そのせいでいじめを受けていたこともあり、コンプレックスを持っていました。

髪だけではなく体型のことについても本人は不満に思っていたようですが、ある出来事でそのコンプレックスは自分の魅力的な部分に変貌します。
 
 
クシナがアカデミーに通う頃、ミナトも同じアカデミーに通う生徒でしたが、この時のミナトの印象はそれほど魅力的ではなく、彼女にとっては恋愛対象ではなかったようですね。
 
 
ある日の出来事で、クシナはうずまき一族出身という強いチャクラや生命力が強い持ち主であることを理由に、他里である雲隠れの忍びがその強いチャクラを狙って、誘拐されてしまうのです。
 
 
その時クシナのとった行動は自分の赤い髪を相手の忍びにバレることなく足取りを残しており、

冷静な判断力を見せてくれているところはやはり強い女性だと感心させられることもありましたが、その痕跡はまさかの誰にも気づかれないという失態になってしまうのす。
 
 
だけどミナトだけはその赤い髪に気づき彼女を奪還している場面はもうたまりませんよね。
 
 
彼は言葉にも強い意思を見せていて、それはクシナ自身の強さをいつも認めていて、何もしないという優しさもありましたが、

今回の事件については、子供同士の喧嘩に収まらずクシナを失いたくないという思いをまっすぐに伝えています。
 
 
この出会った馴れ初めについては、世の女子たちを震わせミナトファンが増えるきっかけになったのではないでしょうか?

この言葉で惚れない人はまず居ないですね。

クシナの登場回のまとめ!ナルトとは出会えた?

ナルトがクシナが自分の母親であることに気づいたシーンや回想シーンなどでも、ちょこちょこ登場はしているものの実際に本人は出てきません。

ナルトが九尾のチャクラをコントロールしようとした時にナルトの精神世界の中で目の前に現れる場面があります。
 
 
366話のオレンジの輝きという回で ナルトはやっと16年ぶりに母親クシナに再会するのです。

その時ナルトは自分の母親の顔を知らなかったので九尾と間違えてクシナにどつかれているシーンがありました。
 
 
クシナからしたら気づいて欲しかったでしょうし、さすがナルトの母親と言ったところです。
 
 
ナルトは生まれてからすぐ両親共に亡くなっていて随分寂しい思いもしましたが、その寂しさに負けず、クシナが女性で初めて火影になると言った夢をナルト自身はまた母親と同じ夢を語っているところはさすが親子ですね。
 
 
人の夢の続きを紡いでくれるナルトはやはり偉大であり諦めない心を教えてくれているような気がします。

467話~469話にはナルト出生秘話や 九尾の事件などについても語られており この時に初めてナルトは両親に愛されていたことに 気づきさらにその思いによって強くなります。
 
 
ナルトがこんなにまっすぐで温かい人柄なのは両親からの愛情がこもった証であり、間違いなくその意思を引き継いだ証拠です。

まとめ

クシナの強さは女性で中でも強く、相手が誰であっても負けない心を持っています。

能力はうずまき一族の封印術に長けており、また生命力や人より強いチャクラの持ち主です。
 
 
彼女とミナトとの馴れ初めはナルトと16年ぶりに再会した時に語られています。
 
 
登場回の466話でクシナはあまりミナトのことを意識していなかったみたいですが、 クシナ誘拐事件にてミナトが奪還成功により ミナトが自分の思いをまっすぐに伝えているシーンがあり、そこから二人の関係性はがらりと変わっています。
 
 
その回以前にも回想シーンでクシナの存在が明らかになっていますが、実際に登場するのはそれからまた先のお話になっており、再会するシーンはとても感動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です