【ナルト】リンが死んだ理由とは一体?正体やカカシとの関係は?

【ナルト】リンが死んだ理由とは一体?正体やカカシとの関係は?
 
 
ナルトの作品中にあまり登場しないにも関わらず、多くの読者に愛されているリンなんですが、

そんなリンがなぜ死んでしまったのか理由も知りたいところですよね!
 
 
死んだ理由とそのリンの正体に関することやカカシとの関係はどういったものなのでしょうか?

【ナルト】リンとカカシとオビトの三角関係?その正体は?

リンは幼少期にカカシ、オビトと共にスリーマンセルを組んでいた大事な仲間でもありましたが、13歳という若さでその短い人生に幕を下ろしてしまいます。

彼女の生い立ちなどについては描写がなく、リンはオビトやカカシが回想するシーンなどでしか登場しておらず、謎多きリンの正体とは一体誰なのでしょう?
 
 
 
リンは木の葉隠れの里に所属するくノ一であり、その才能と医療忍術で他のメンバーへのサポートも手厚く、またミナトからも信頼されている様子です。

優しく献身的でみんなの事を見守る母のような存在で人を包み込んでくれるところが、愛読者の中でも人気のキャラクターであると言えますね。
 
 
 
オビトはリンの事が好きで、いつでも告白のタイミングを見計らっていたようですが、そんなリンの視線にはいつも宿敵であるカカシの姿があり、オビトは面白くありませんでした。
 
 
だからオビトはいつもカカシに喧嘩腰だし、仲が悪くリンはいつも仲裁に入ります。

リンもその事を知ってか知らずか罪の多い人ですが、愛おしく可愛い姿をオビトが恋してやまないのです。
 
 
カカシは何も気にしてないようにも思いますよね。

この三角関係はいずれ辛く切ない物語になっていきます。

【ナルト】リンの切ない運命と死んだ理由とは?

第三次忍界大戦中にミナト班は二手に分かれ、率いるカカシが隊長となり、オビト、リンのスリーマンセル構成になります。
 
 
その時にリンが敵である雲隠れの忍びに拉致されてしまい、リンを奪還後、追ってきた忍びによりカカシは左目を負傷してしまい、

岩の破片が落下しオビトがカカシを庇った結果体の半分が大きな岩で潰されてしまうのです。
 
 
 
もう身動きが取れない状況でオビトは自分の死を覚悟してある決心をしていますね。

それはまだカカシの上忍祝いのプレゼントをあげていなかったので、自分の写輪眼をカカシに渡す時に医療忍者でもあるリンがここで活躍しているのです。
 
 
切ない運命と死んだ理由についてはこの後の事になります。

リンは雲隠れから人柱力にされてしまいます。
 
 
マダラの策略についてはわざとリンを逃がして、木の葉の里に戻った時に封印を解き里を滅亡しようとした計画でしたので、

リンはその事実を知ってカカシ、オビトが救出するも追ってきた敵に攻撃をしようとしていた千鳥でリンは自らその運命を受け止め自害しています。
 
 
 
死んだ理由を聞くと最後の最後まで人々の事を思って、なんだかとてもリンらしく儚さが残りますね。

【ナルト】カカシに殺されたリンの心情とその関係

カカシに殺されたリンの心情については、とても辛かったのだと思いますし、もっといろんな経験をして生きていたら立派なくノ一になったに違いなのかなと思います。

そしてオビトがリンに告白しておけばよかったと嘆いているシーン同様にリンも恐らくカカシに告白しておけばよかったと後悔しているのではないでしょうか?
 
 
 
オビトはオビトでマダラに操作されて辛い人ではあったかと思いますが、

オビトが先に亡くなったことで彼を見守ることが出来なかった自分の歯がゆさや敵によってそうなるべくしてなったんだろうと受け入れて、

彼女の人生は短かったもののオビトやカカシの中にずっと生き続けている姿は、真っ当に生きたんだなと考えさせられる部分もたくさんあります。
 
 
 
カカシとの関係はずっとカカシが生きている限り、リンは生き続けるでしょう。

ただ自分がいつ死ぬかもわからない状況の中で背負わされた時代の中で生きているのは、平和な国がいかに重要なのかをここで伝えてくれています。

まとめ

リンが死んだ理由は自らカカシの術である千鳥によって死んでいました。

その運命を背負って生きているリンは強い女性でもありますし、その正体は優しく儚さの残る人だったのですね。
 
 
カカシによって殺されたけど、その関係はお互い仲間意識が強く信頼していたからこそだと思うし、

それはオビトの言った言葉が二人の意識を更に強めたのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です