【ジョジョ】チョコラータとセッコの本当の関係とは?思惑は?

【ジョジョ】チョコラータとセッコの本当の関係とは?思惑は?
 
 
ジョジョ5部で、ジョルノたちの前に現れた強敵がチョコラータとセッコでした。

コンビでの戦いとなるのですが、まるで昔からずっと一緒にいるかのように息の合ったふたりでもあります。
 
 
そんなチョコラータとセッコとはどんな人物なのか?本当の関係とは?思惑は?など詳しく紹介していきます。
 
 

【ジョジョ】チョコラータとセッコとは?

チョコラータとセッコは、ボスの部下でジョルノたちがコロッセオに向かうことを阻止するために登場しました。

チョコラータもセッコもボスに対して従順という感じではなく、人をたくさん殺せる場を与えてくれるのことをチョコラータが喜び、セッコはチョコラータにただ従うという関係です。
 
 
チョコラータのスタンド「グリーン・デイ」は、あらゆるものをカビさせる能力で、かけられた人間が現在いる位置から下がるとカビ化が始まります。

かなり広範囲に影響を与えることができ、ひとつの街を壊滅させられるほどの威力があるので、このスタンドを止めるにはかなり手こずりました。
 
 
セッコのスタンドは「オアシス」で、能力は触れたもの周辺を泥化させることができます。

そのため、地面に潜って水中のように泳ぎ、相手を地面の中に引きずり込むこともできるのです。
 
 
更にスピードと攻撃力も高いので、肉弾戦ではブチャラティとは互角以上の強さを見せていました。
 
 

【ジョジョ】チョコラータとセッコの本当の関係とは?

チョコラータとセッコの関係は、医者と元患者です。

チョコラータは、人体実験する快楽を抑えられずに医者になった異常者で、たくさんの人間を人知れずに殺してきました。
 
 
そんな医者時代の患者のひとりがセッコだったのですが、セッコはどこか精神に異常を持っているので、人体実験するよりも身近に置いておいた方が面白いと思ったのかもしれません。
 
 
そしてセッコは、チョコラータに従順なペットのような振る舞いをしていました。

セッコは、強く頭がよく金持ちのチョコラータのことが好きだったのですが、それが破綻してしまう出来事が起こります。

ジョルノにチョコラータが敗れてしまったのです。
 
 
これを知ったセッコは、一気に幻滅してしまいチョコラータのことを見下した態度に切り替わりました。

チョコラータとセッコの本当の関係は、チョコラータが一方的にセッコのことを好きで、セッコはそこまで好きではなかったということです。
 
 

【ジョジョ】チョコラータとセッコの思惑は?

チョコラータはセッコのことを純粋に好きでいたようですが、セッコは違いました。

あくまでもチョコラータの才能や金というところだけが好きで、別にそれ以外に興味はなかったようです。
 
 
そしてチョコラータが敗れた後は、手のひら返しのような態度に変化し、チョコラータの金や地位を自分が手にしようとも考えていました。

セッコの思惑は、チョコラータの生きている内は甘い汁を吸って、あわよくば自分のものにしてしまうというものです。
 
 

まとめ

チョコラータとセッコは最悪のコンビとしてジョルノたちの前に現れました。

チョコラータのあらゆるものをカビにさせるスタンド能力と、セッコの触れたものを泥化させる能力は息があったコンビでどんどんジョルノたちを追い詰めます。
 
 
そんなふたりの関係は、戦いの中で徐々に明らかになってきました。

チョコラータにあくまでも従順に見えていたセッコでしたが、チョコラータが戦いで敗れたことで豹変します。
 
 
上辺だけの付き合いで、弱いチョコラータのことなど何とも思っていませんでしたし、チョコラータの残したものを全部自分のものにしようとも考えていました。

チョコラータだけが一方的にセッコのことが好きだという関係です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です