【幽遊白書】戸愚呂弟と玄海の関係性とは?最後はどうなったの?

【幽遊白書】戸愚呂弟と玄海の関係性とは?最後はどうなったの?
 
 
戸愚呂弟はデザインといい性格といいとてもかっこいいキャラクターでした。

幽遊白書中盤は彼がいないと盛り上がらなかったといっても良いと思います。
 
 
幻海は超人的な強さを持つ、主人公浦飯幽助の師匠でした。

幽助を導いたり、助けてくれたりする存在です。
 
 
二人の重要キャラの関係性とはどうなっていたのでしょうか。

そして二人は最後にどうなったのかについても調べてみました。
 
 

【幽遊白書】戸愚呂弟と玄海についておさらい

戸愚呂弟は元人間の妖怪です。

どこか知的な雰囲気をもつマッチョで、現在も人気があります。

もともと人間の武術家でしたが、50年前の暗黒武術界に出場し優勝、その時に人間をやめて妖怪になりました。
 
 
戸愚呂弟は自分の筋肉量を操ることが出来ます。

戸愚呂弟は今どれだけ自分の力を使っているかパーセンテージで示しました。
 
 
数値が大きくなっていくごとに外見と強さの変化がありました。

攻撃は大抵が小細工なしの正面からの物理攻撃でした。
 
 
幻海は背の低い老女です。

人間界では五本の指に入る霊能力者で、霊光波動拳の高名な使い手です。

主人公浦飯幽助の師匠で、幽助に霊丸を授けました。

幽助には「ばあさん」という失礼な呼ばれ方をしています。
 
 
年齢は70歳前後で、ずっと独身を貫いています。

霊光波動拳を使う時などに若返るとかなりの美少女です。
 
 
暗黒武術界にも覆面戦士として参戦、幽助達を助けました。
 
 

【幽遊白書】戸愚呂弟と玄海の関係性とは?

戸愚呂弟と幻海の関係性は、元チームメイトです。

50年前の暗黒武術大会には同じチームで出場、優勝しました。

その頃から戸愚呂弟と幻海では向いている方向が違っていました。
 
 
戸愚呂弟には「老いない肉体」への憧れがありました。

幻海は自然に衰えて死ぬことが一番良いと考える人間でした。
 
 
チームメイトとしては二人は信頼し会っていたと思います。

二人は男女の仲であったかどうかは不明です。

惹かれ会う部分はあったが、お互いに踏み込まなかったのではないかと私は思います。
 
 
体の強靱さに関しては戸愚呂弟が圧倒的に優位です。

戸愚呂弟にはかなわないまでも、老いた後も幻海は超人です。
 
 
覆面をつけて暗黒武術界に出てきましたが、出場した試合には全勝しました。
 
 

【幽遊白書】戸愚呂弟と玄海の最後はどうなったの?

幻海は戸愚呂弟と戦いますが、80%の戸愚呂相手になすすべもありませんでした。

80%の戸愚呂を見て生き残っているのは、武術界以前では鴉と武威と戸愚呂兄だけでした。

腹部をパンチで貫かれ、息を引き取ります。
 
 
その後戸愚呂は弟は幽助相手に120%まで自分の力を引き出します。

渾身の霊丸を防御した後、からだが崩壊して死んでしまいます。
 
 
死後戸愚呂は裁かれます。

戸愚呂弟は自ら望んで地獄の中でも最も過酷な瞑獄界に行きます。
 
 
その道の途中戸愚呂弟の前に幻海が現れます。

見渡す限り真っ白な空間で、二人は話をします。

戸愚呂弟は幻海に説得されますが、もうきめたことだと考えを変えることはありませんでした。
 
 
幽助を気遣い、その後瞑獄界に歩みを進めます。

二人とも浄化されたような、すっきりした顔をしていました。
 
 

まとめ

幽遊白書の重要キャラクター、戸愚呂弟と幻海の関係性は元チームメイトでした。

二人は長年苦楽をともにした仲間でした。
 
 
戸愚呂弟は永遠の強さに執着していました。

幻海は自然に老いて自然に死ねば良いと考えていました。
 
 
考え方の違いは決定的になり、50年前戸愚呂弟が妖怪になった時、二人は袂を別ちました。

戸愚呂弟は暗黒武術界で幽助を追い詰めますが、最後体が崩壊し死にます。
 
 
戸愚呂弟の死後に幻海と再会し、しばらく話しをしました。

最後まで戸愚呂弟は選択を変えることはありませんでした。
 
 
その後戸愚呂弟がどうなったのか、多分誰にも分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です