【ナルト】ガイ先生が強すぎる?技や術、能力まとめ!

【ナルト】ガイ先生が強すぎる?技や術、能力まとめ!
 
 
自称カカシの永遠のライバル。

終わらない青春。

木の葉の気高き猛獣。

激マユ先生。
 
 
様々な呼び名があり、その見た目のインパクトと熱すぎるセリフの数々で絶大なインパクトを誇るキャラクター、ガイ先生ことマイト・ガイ。
 
 
しかしその見た目に反し圧倒的戦闘能力を有し、第四次忍界大戦では大活躍しました。

そこで今回はこのガイ先生の強すぎる技や術、能力についてまとめて行きたいと思います。

【ナルト】ガイ先生はどの位強い?

ガイ先生の戦闘能力に疑問を投げかける人は意外と多く、

木の葉の上忍ならアスマや紅と同じ程度ではと思うかも知れませんが、

ガイ先生の戦闘能力はおそらくカカシ以上、全忍の中でもかなり上位に位置します。
 
 
まず、ガイ先生の戦歴ですが、木の葉崩しで一瞬の内に砂や音の忍を倒し、ナルトたちを我愛羅の元に行かせる援護を行う。

暁の尾の無い尾獣、干柿鬼鮫相手に三度戦い全勝。

カカシ、紅、アスマの三人相手に無双したうちはイタチがガイ到着後すぐに撤退。
 
 
うちはマダラ戦において体術において今まで戦った者の中で最強と公式に初代火影より体術が上と認め、五影相手に余裕で勝利したマダラに有効打を数発打ち込んだ。
 
 
このマダラ戦では八門遁甲と死が付き纏う禁術を使っての戦闘の為、あまり参考にはできませんが、

マダラとの戦闘時、まちがいなく五影より強く、初代火影やうちはマダラと同等に渡り合える力を発揮していました。
 
 
また、通常時でも暁のメンバーと一対一で勝利する以上、尾獣よりも強く、木の葉でも五指に入る実力だと思われます。

【ナルト】ガイ先生の技や術、能力まとめ

ガイ先生はリーと違い、忍術や幻術が使えます。

木の葉崩しの際に幻術破りを使い、難を逃れる。

初登場時、忍亀を口寄せするなど、わずかですが幻術、忍術を使用するシーンもあります。
 
 
しかし、父の背を見たせいか、昔、体術しか使えなかったせいか、非常に体術に重点をおいている為、ガイ先生の技、術はほぼ全て体術といっても過言ではありません。
 
 
リーが使う木の葉旋風の上位互換とも言える高速連続回し蹴り、木の葉剛力旋風(このはごうりきせんぷう)
 
 
八門遁甲、第六門まで開き、連続正拳突きを虚空に打ち出すことで空気を摩擦させ、

炎を発生させ、その炎と高速で打ち出された正拳により圧縮された空気を相手にぶつける朝孔雀(あさくじゃく)
 
 
八門遁甲、第七門まで開き、大型の虎を幻視させる一撃の拳、昼虎(ひるどら)

八門遁甲、第八門まで全て開き、超高速で攻撃を打ち出し、マダラをふっ飛ばした夕象(せきぞう)
 
 
最大の必殺技ともいえる強力な蹴り夜ガイ(やがい)

他にも未確認ですが、リーが使う表蓮華、裏蓮華なども使用できると思われますが、とにかくガイ先生の技は速くて強力な技ばかりです。

【ナルト】ガイ先生が強すぎるのは何故か

ガイ先生が強すぎる最大の理由は父から受け継いだ八門遁甲と思われますが、おそらく本当の理由はギャグ補正にあります。

ギャグ補正といえば通常死ぬような攻撃を受けてもドリフのコントのように死ぬかと思ったと髪が爆発する程度の被害しかうけない体質の事です。
 
 
ガイ先生は元々かなり強力な戦闘力を持つキャラクターで、セリフなどものすごくカッコいい大人ですが、

髪型や服装、全体的なフォルムなどから何があっても驚かないキャラクターとなってしまいました。

つまり普通死ぬ攻撃でもガイ先生なら生きていてもおかしくない。
 
 
むしろ笑いながら不気味な踊りでも披露しそうだという読者からの変な期待がガイ先生の力を底上げし、マダラすら認めるしかない不死性と高速体術を確立してしまったのです。

まとめ

ガイ先生の強すぎる力の秘密はそのルックスにあると思いますが、

それを抜きにしても高速で繰り出される体術の数々は芸術的で、八門遁甲抜きでも鬼鮫やイタチに畏怖される力を発揮するガイ先生は、

木の葉の忍の中でもトップクラスである事は間違いありません。
 
 
BORUTOでは完全に引退状態ですが、ガイ先生の場合、ここから不死鳥のように蘇り、忍として再び立ち上がるという展開があっても全く不思議ではありません。
 
 
むしろリーの息子を鍛える為、さらりと普通に現場復帰している可能性まであるため、今後のガイ先生の動向について楽しみに見ることをオススメいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です