【ナルト】サクラのキスシーンは何回ある?サスケとは?

【ナルト】サクラのキスシーンは何回ある?サスケとは?
 
 
ナルトの元祖ヒロイン、春野サクラ。NARUTOでは勿論、BORUTOでも母として、女性として美しい姿を見せ人気のキャラクターですが、彼女は作中で実はかなりモテます。
 
 
主人公のナルト、後に結婚するサスケ、そして体術のスペシャリスト、ロック・リーと様々なキャラクターと恋愛沙汰を起こしますが、そんなサクラのキスシーンは何回あるのか?

そして夫であるサスケともキチンとキスシーンがあるのか、まとめていきたいと思います。

【ナルト】サクラのキスシーンは何回ある?

実はサクラが直接キスしたシーンは原作だとたった一度しかありません。

上記のシーンはナルト少年期のアカデミー時代、ナルトがサスケになりすまして行ったシーンですが、

キスシーンという意味ではカウントできますが、この後、縄抜けしたサスケによって阻止され、キスはしませんでした。
 
 
他にもロック・リーから投げキッスされ、荒川静香ばりのイナバウアーで避けるシーンや、

サスケと対面しいい雰囲気になるシーンなどは複数ありますが、

キスそのものは実はたった一回と恋する乙女でありながら、一途で真面目なサクラらしい性格が伺えます。

【ナルト】サクラはナルトともキスシーンがあった?

実は、唯一サクラの唇を手に入れたラッキーボーイは英雄にして主人公、ナルトです。

といっても先程のようにサスケに化けたわけでも、ナルト個人に惹かれて唇を交わしたわけでもなく、上記の画像から想像できるかもしれませんが、救命活動の人工呼吸で行っただけです。
 
 
そのシーンは第四次忍界大戦で、マダラからチャクラを奪われ、心音が聞こえなかった際、医療忍者のサクラが我愛羅の砂で避難しながら心臓マッサージと人工呼吸をする時です。

世間一般で、救命活動はキスシーンとは呼びませんが、サクラが誰かと唇を交わすキスシーンと呼べる映像はこれ以外ありません。

【ナルト】あって当然のはず。サスケとサクラのキスシーンは?

サクラといえば、サスケと結婚し、後にサラダを産んでいますので、当然キス位済ませており、

かなり熱い関係を築いている事が伺えますが、先程紹介した通り、サクラとサスケの直接的なキスシーンは存在しません。
 
 
原因はサスケが抜け忍で木の葉隠れの里にあまり入れない事。

サスケがカリン、大蛇丸などから求愛されるなど天性のモテっぷりを発揮しお邪魔虫が多い事。

サスケがイタチの死後、うちは一族の伝家の宝刀ともいえる、おでこをつつきながら「また今度だ」をサクラに使い始めた事などが挙げられます。
 
 
つまり、原因のほとんどがサスケにあり、サクラ自身は少年期の頃から割と積極的にスキンシップを図っているものの、

戦闘では常に美味しいとこ取りしているサスケが全然チャンスを活かせなかった為、

作中、サクラとキスシーンを演じるところか、ナルトに奪われてしまう失態を演じてしまったのです。
 
 
しかし、サスケが草食系男子というわけではなく、外伝にて、サクラがサスケとのキスを思い出すシーンがある為、描かれていないだけで、キチンとやることはやっているようです。

まとめ

女性キャラクター屈指の人気を誇るサクラのキスシーンはわずか一度という意外すぎる事実が判明しました。
 
 
また、その相手はナルトのみで、それも救命活動の為という止むに止まれぬ事情によるものだけの為、サクラという女性が実に一途で貞淑な女性であることがわかります。
 
 
また、偶然ではありますが、サスケのファーストキスの相手もナルトである事から夫婦揃ってファーストキスの相手はナルトという事実から、

第七班の三人は全員がそれぞれ唇を交わした経験があるという異常な関係であることも判明しました。
 
 
個人的にはこの事実を知った娘のサラダがどのような反応をするのか、また、その事実を知ってもなおナルトへの憧れの気持ちを失わないかが気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です