【ナルト】ネジは天才?強さや技、能力を徹底解説!

【ナルト】ネジは天才?強さや技、能力を徹底解説!
 
 
ナルトの登場人物、日向ネジと言われると日向始まって以来の天才。分家に産まれた天才。ナルトが認めた天才など天才という言葉が常につきまといます。
 
 
また、日向といえば「日向は木の葉にて最強」というセリフが普通に出てくる位強力な力を持つ一族です。
 
 
つまり、ネジとは木の葉隠れ屈指の戦闘一族の中で天才、ドラゴンボールでいうところのサイヤ人、悟空やベジータのような存在となります。
 
 
では、何故ネジは天才と言われたのか、その強さや技、能力について徹底解説していきたいと思います。

【ナルト】ネジは天才?その理由について

ネジが天才と呼ばれ始めたのは登場してすぐ、中忍試験ではすでに言われていました。
 
 
そして、同じ一族の宗家の娘、ヒナタと比べられ、いかに優秀かが描かれました。
 
 
しかし、天才と呼ぶには今まで戦闘シーンが少なく、性格的にも決して好戦的とは言えなかったヒナタと比べられてもあまり説得力がありません。
 
 
では、何故ネジが天才と言われたのか、それはネジが日向一族固有の技、白眼と柔拳を特別な指導もなしに自在に操ったからです。
 
 
白眼と柔拳を自在に操ったから天才と言われてもあまりピンとこないかも知れませんが、

白眼は相手のチャクラを感知し、敵の攻撃を避けたり、相手の罠を自在に察知するなど非常に便利な瞳なのですが、

ネジの場合、相手のチャクラの中心地ともいえる点穴を見抜き、そこを的確に突くことで相手がチャクラを練れなくしてしまう事が可能です。
 
 
つまり、ネジは相手が忍術どころか体術もまともに使えない相手を無力化する力を下忍の頃にすでに得ていたのです。
 
 
おまけに柔拳も相手の攻撃を360度弾く宗家の秘伝、回天を独学で習得するなど忍のセンスだけでなく、

優秀な頭脳と見ずに習得できる想像力など多岐に渡る才能を持つ為、天才と表現されたのです。

【ナルト】ネジの強さは本物か?

武闘派一族の中で天才といわれた忍なのですから当然強いです。

青年期冒頭でも同年代の忍で我愛羅の風影就任の次に出世した唯一の上忍として里でも実力が認められ、

相手に触れる事で攻撃する柔拳の欠点、遠距離戦も克服し、多くの活躍が期待できる忍です。
 
 
しかし、実は青年期以降のネジの活躍を探すと、要所で登場するものの、中心となって戦うシーンはほとんどなく、具体的な戦闘能力を把握する事は非常に困難です。
 
 
しかし、ヒナタより戦闘力は間違いなく高く、同期の全員から強い信頼を委ねられている事から暁メンバーと戦える戦闘力を有している事は間違いないのでネジの強さは本物といえます。

【ナルト】ネジの技や能力を徹底解説

ネジの戦闘は先程紹介した白眼と柔拳に終始します。

少年期では相手の攻撃を360度弾き返してしまう回天、相手の全ての点穴を打ち抜き動けなくする八卦六十四掌の他、

後頭部の一部分のみ見えない弱点をカバーする為、その一箇所のみチャクラを放ち続け、

相手の攻撃の軌道をずらすなどといった正確なチャクラコントロールを扱いました。
 
 
青年期から八卦空掌という遠距離技の柔拳や二人、あるいは両手で行うより強力な遠距離柔拳、八卦空壁掌などが扱えます。

他にも全身からチャクラを放ち相手の攻撃から逃れる、人柱力のチャクラを奪う鎖の核を見抜き動きを止めるなど柔拳で鍛えた抜群のチャクラコントロールが光ります。
 
 
また、白眼の能力で遠くの敵や罠をチャクラ感知したり、幻術や分身を見極めるなど白眼も幅広い応用性を持つ為、ネジの武器は白眼と柔拳だけですが、それだけで十分といえます。

まとめ

天才と呼ばれる忍、ネジはその強さ、能力、技、どれをとっても一流といえるまさに天才の名にふさわしい万能忍者です。

残念ながら、第四次忍界大戦にて、ナルトとヒナタを庇いその生命を散らしてしまいましたが、もし生存していたのならナルトの火影争奪戦最大のライバルになった事は間違いないでしょう。
 
 
また、ネジが残した影響は大きく、ナルトの息子、ボルトの名前や、日向一族のボルトに対する甘い対応など、ネジのような天才が今後不遇な目に合わないように改革を行ったのではないかと思います。
 
 
つまり、ネジは死してなお影響力を残し続ける天才忍者という事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です