【ナルト】はたけカカシが写輪眼失う?その原因やなしの状態でも実力は?

【ナルト】はたけカカシが写輪眼失う?その原因やなしの状態でも実力は?
 
 
はたけカカシは写輪眼を受け継ぐ前から実力はがありその状態でも大変頭のキレる人ですよね。

カカシ自身うちは一族ではないのですが、不慮の事故により敵からの攻撃を受けて左目に損傷がありました。
 
 
その時にかつての仲間で親友でもあったオビトから自らの左目写輪眼を上忍祝いプレゼントとしてリンの医療忍術の施しがあり、写輪眼を引き継ぐことになります。
 
 
忍界大戦が終わりまた写輪眼を失い、写輪眼なしの状態での生活をカカシは送ることになるのですがそのなくなった原因は何だったのでしょうか?
 
 
また、写輪眼がない状態での実力とはどの程度なのでしょうか?

【ナルト】はたけカカシの写輪眼の実力は?

多方面で活躍のあるはたけカカシで、他国でのあだ名がコピーカカシや写輪眼のカカシと有名でした。

しかもその実力は1000種類以上もの技をコピーして、自分のものしてきたわけですね。
 
 
うちは一族ではないもののなぜはたけカカシが写輪眼の能力を持っているのか?

それはある任務を受け、敵との戦いによって左目を傷つけられてしまったのですね。

その時カカシをかばったオビトが岩の板敷きにより、身動きが取れない状態になってしまうのです。
 
 
オビトはカカシに、自分の目を託しその時いたリンが医療忍術により左目を移植します。

彼らのチームワークがいかに優れているか、またオビトも死を覚悟したのでカカシに自分の左目となって使って欲しいとの願いが込められているのです。

はたけカカシの実力は写輪眼がある以前から、優秀でしたが父のサクモの自殺により人の命よりもルールを守ることが正しいことだと信じたため、他の忍びから嫌われることになっしまいます。
 
 
彼が起こしてきた行動は間違いじゃなかったとしても、実力があるにもかかわらず認められなかったのはやはりルールに縛られてるばかりじゃ、何も救えないのです。

【ナルト】はたけカカシが写輪眼を失う?その原因は?

はたけカカシがなぜ写輪眼を失ってかしまったのか?

オビトからの移植により、仲間を守ることを約束し託されたカカシですがうちはのものではないので、写輪眼を使うことで彼自身の体が追いついておらず

使った後は必ず病院で寝込んでしまうのだそう。
 
 
ナルトたちにもいろいろ突っ込まれてはいるが、親友との約束を果たすためチームワークを前提とした教えを解いています。

写輪眼を失った原因にあるのは、第四次人界大戦時にありました。

それはうちはマダラにより写輪眼を奪われてしまい効力を失ってしまうのです。
 
 
もっともカカシにとっては写輪眼を受け継ぐ以前から実力があったのでこの能力がなくても十分だろうと思いますが。
 
 
それにオビトから託された写輪眼の状態がずっと発動されたままの状態になっているので、

常に写輪眼の力が発揮していてスタミナの消耗が半端なくそのためいつも眼帯で左目を覆っています。
 
 
この副作用によって大量のチャクラを消費をし、死に至る危険も可能性としてはあるわけですから、なくてもいいのではないかと個人的には思います。

【ナルト】写輪眼なし状態でのカカシの実力

本来のカカシでしたら、写輪眼のない状態の実力が正規のカカシだとも言えますが実力で言えば火影になる素質も持ち合わせている才色兼備でもあります。
 
 
幼少時代から功績が認められており暗部として所属するのですがカカシの身の回りに起きている出来事が子供でありながら、

辛いことをたくさん経験していので、カカシがいくら実力がある人物であっても心はどうだったのでしょうか?
 
 
闇を抱えている要素が大きいため、暗部時代には任務に没頭し全てを忘れようとしているようにも見えて、

死にたがりのような雰囲気も中には感じ取れてしまうのかもしれません。
 
 
そんなカカシの身を案じた熱い男マイト・ガイや他アスマ、夕日紅、三代目火影の嘆願により正規部隊に戻ったことがカカシにとって大きなきっかけになることになったのではないでしょうか?
 
 
洞察力や頭の良さからカカシは戦略を練ることやチームワークを主観としてナルトたちに良い指導を与えられるのは、

たくさん辛い経験をしてきたからこそで彼のような実力もある人は火影に選ばれるべき人なのでしょう。
 
 
またナルトが信頼する先生でもありますし、カカシも早いうちに四代目ミナトを失っているからこそ火の意思をまた誰かに託しながら成長を見守っていることを心意気として生きていてほしいなとそう願います。

まとめ

はたけカカシが写輪眼を失った原因になったのは、第四次忍界大戦中うちはマダラから写輪眼を奪われてしまったからです。

その結果、写輪眼の効力はなくなり自分のチャクラによって目は復活をしています。
 
 
それからの実力は絶頂期だった頃の体力の低下により写輪眼があった状態と比べるとその実力は確かに衰えていたのかもしれません。
 
 
ですが、早いうちから仲間の死や大事な人たちの死をたくさん経験しているからこそカカシは写輪眼を失った状態でも、

強くありたくさんの人から慕われるようになったのはやはり人並み以上の努力をしていて、

どんな状態であっても仲間を大切にするというオビトとの約束があったからではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です