日向家の家系図まとめ!【ネジ・ヒナタ・ハナビ・ヒザシ・ヒアシ】

日向家の家系図まとめ!【ネジ・ヒナタ・ハナビ・ヒザシ・ヒアシ】
 
 
日向は木の葉にて最強。

この抜群のインパクトを持つ一族ですが、その言葉に恥じぬ活躍をしました。
 
 
後にナルトと結婚するヒナタはペインによる木の葉襲撃の際、単身ナルトを助けに現れ、見事助けただけでなく、

第四時忍界大戦にもナルトの心の支えになる等陰日向にサポートしました。
 
 
また、分家のネジも天才と呼ばれ、少年編、青年編で安定した活躍を見せました。

そんな優秀な人材を多く輩出した日向家の家系図をネジ、ヒナタ、ハナビ、ヒザシ、ヒアシを中心にまとめていきたいと思います。

日向家の家系図【ヒザシ・ヒアシ】

日向家といえば一族の秘術、白眼と、その秘密を守る為の呪印があります。

日向家宗家に属するヒアシやその子供のヒナタ、ハナビは呪印がありませんが、分家にあたるヒザシの双子の弟、ヒザシやその子供のネジには呪印があります。
 
 
様々な出来事により、ボルト世代の頃には宗家と分家の壁が薄れた為、ヒナタ、ハナビ両名には呪印がありませんが、この呪印のせいでネジの父、ヒザシは亡くなります。
 
 
しかも、その亡くなる原因がヒナタ誘拐事件の際にヒアシが誘拐した雲隠れの忍頭を殺めてしまい、

雷影からヒアシの死体を要求され、分家で双子の弟であるヒザシが呪印の効果により、

死後白眼が失われる特性を利用し自ら死を選んだため、ネジは宗家を強く恨むようになりました。
 
 
また、ネジが宗家を恨んでいたように父であるヒザシも宗家を憎んでいましたが、それ以上にヒアシの事を家族として愛していたようで、

宗家のヒザシもヒアシを犠牲にするつもりはなかった事が後に判明した為、ヒアシ、ヒザシは宗家、分家でありながら家族として絆がしっかりあったようです。

日向家の家系図【ネジ・ヒナタ・ハナビ】

日向家といえばネジ、ヒナタ、そしてボルトがはじまってから急速に人気が高まったハナビです。
 
 
ネジは分家でありながら宗家のヒナタ、ハナビ以上に高い戦闘能力を持ち、幾度となくナルト達の危機を救い、

活躍しましたが、第四次忍界大戦ではナルト、ヒナタを助ける為、十尾の攻撃を受け亡くなりました。
 
 
また、ヒナタはナルトを精神的に支える一方、決して多くの戦果はあげていませんが、

宗家の屋敷でネジと組手をするなど高い戦闘能力は有しており、十尾との戦いでも九尾の力を体内に宿し、

仲間たちと共に十尾撃退に貢献するなど戦闘サポートとしても優秀なことが伺えます。
 
 
そしてハナビですが、幼い為、具体的な戦闘はありませんがその才能はヒナタ以上と言われ、ボルトでも回天や柔拳を使いこなしている事から高い戦闘能力が伺えます。

日向家の家系図その他の分家

日向家は大昔からある大きな一族の為、宗家、分家にも多数の人物がいます。
 
 
ヒナタの護衛役をしており、ペイン戦においてヒナタを必死に止めた日向コウや第四次忍界大戦でカンクロウ奇襲部隊に所属していた日向ホヘト。

ナルトが移動島から逃げないように監視していた日向イロハや五影会談に登場した日向トクマなどがいます。
 
 
上記の画像の人物は幼いハナビの世話をしていた日向ナツという人物です。
 
 
また、日向家は元々大筒木の末裔の為、忍になる為に生まれてきた一族ともいえます。

まとめ

日向家は極めると輪廻眼になる可能性を秘めている為、

ナルト少年期の頃は呪印や自ら犠牲になったヒザシなどの過去に常に捉えられていた印象がありますが、

青年期以降は一丸となって里の危機に立ち向かった印象があります。
 
 
宗家当主のヒアシは勿論、ネジ、ヒナタも多くの戦場で活躍し、おそらくボルトでは末娘のハナビも日向の名に恥じぬ活躍をする事が期待できます。
 
 
また、ヒナタの娘、ヒマワリは幼いながらもすでに白眼に目覚めており、

一撃で火影であるナルトを倒してしまう実力を持っており、息子のボルトも浄眼を持つ為、

現在まだ登場していない日向一族が今後現れ、ボルト達を助ける事も十分考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です