【ナルト】キャラクターの結婚組み合わせ&子供まとめ!

【ナルト】キャラクターの結婚組み合わせ&子供まとめ!
 
 
ナルトの続編、ボルトではナルト世代の子供たちが多く登場し活躍します。

また、ナルト本編でも戦いの中、恋に落ち、結婚したキャラクターや、逆に機会に恵まれず、独身を貫いたキャラクターなど、複雑な人間関係が構築されています。
 
 
これには、忍界大戦で五大隠れ里が協力しうちはマダラと戦闘した事により、国境の壁が薄れた事も影響していますが、今回はこのナルトのキャラクターの結婚組み合わせ&子供についてまとめていきたいと思います。

【ナルト】本編キャラクターの結婚組み合わせ

ナルトで結婚といえばシカマル達猪鹿蝶の師匠、猿飛アスマと夕日紅が思い浮かびますが、実はこの二人は結婚していません。

正確には婚約したまま、アスマが亡くなり、紅はミライを身籠りました。
 
 
ボルトでは猿飛紅と名乗っており、ナルト本編でミライが産まれた事から勘違いが起こったのではないかと推測できます。

その為、ナルト本編で結婚した組み合わせは、
 
 

◆初代火影、千手柱間✕うずまきミト(子供は不明ですが、孫は五代目火影、綱手)

◆三代目火影、猿飛ヒルゼン✕ビワコ(子供は前述した猿飛アスマと木の葉丸の親)

◆四代目火影、波風ミナト✕うずまきクシナ(子供はナルト)

◆うちはフガク✕ミコト(子供はイタチ、サスケ)

◆奈良シカク✕ヨシノ(子供はシカマル)

◆四代目風影、羅砂✕加琉羅(子供はテマリ、カンクロウ、我愛羅)

 
 
などナルトの親世代および故人ばかり。

波の国編のイナリの両親(カイザ、ツナミ)なども含めてナルト本編に登場した夫婦は皆、様々な悲劇の象徴となっています。
 
 
唯一の例外はおそらく一般家庭で育った春野サクラの両親(キザシ、メブキ)です。

サクラの両親は上忍にもなっていない為、あまり危険な任務も少ないのか幸せな家庭を作っています。

【ナルト】ボルトで判明したキャラクター結婚組み合わせ

ボルトではナルト達が多数結婚しています。

火影であるナルトや里の重鎮も多くいますが、うちはマダラによる第四次忍界大戦後は大きな戦もなく、危険な任務につく忍も少ないのか、幸せな家庭を築いています。
 
 

◆うずまきナルト✕日向ヒナタ

◆奈良シカマル✕風影の姉、テマリ

◆うちはサスケ✕春野サクラ

◆山中イノ✕サイ

など前作から関係を深めたカップルだけでなく

◆秋道チョウジ✕雲隠れの上忍、カルイ

など以外なカップルも結婚しています。
 
 
現在まだ不明ですがロック・リーにもそっくりの息子がいることから結婚している事が判明しており、キバにも恋人がいる事が判明しています。

その一方、カカシやガイなどナルト達の師匠は紅以外結婚した描写はなく、ナルトの同期でもシノ、テンテンなどがパートナーに恵まれていません。
 
 
また、我愛羅に至っては結婚せず養子を迎えた事から今後の結婚はほぼないと推測できます。

【ナルト】キャラクターの子供たちまとめ

上の画像を見て服装や顔立ちから多くが推測できますがボルトに登場する忍の多くがナルトたちの子供です。

◆ナルト、ヒナタの子供はボルト、ヒマワリ。

◆シカマル、テマリの子供はシカダイ。

◆サスケ、サクラの子供はサラダ。

◆イノ、サイの子供はイノジン。

◆チョウジ、カルイの子供はチョウチョウ。

◆リーの子供はメタル・リー。

そのほかにアスマと紅の子供、ミライが優秀な忍として登場しています。

まとめ

ナルトの父の代の結婚の組み合わせでは忍界大戦やうちは一族虐◯、九尾襲来など多くの多くの悲劇で不幸になることが多いのですが、ボルトの父、ナルトたちは結婚し、子供をつくり、幸せな家庭を築いています。
 
 
しかし、ボルト第1話のセリフなどから今後、ナルトやサスケに悲劇が起こる可能性は十分にある為、今後のボルトたちの活躍も含め、ますます目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です